ページビューの合計

2010年1月14日木曜日

漏刻門

送信者 2010


日が傾く頃、月は昇り始めていた。



漏刻門では 門の上の櫓に水槽を設置し、水が漏れる量で時間を計り時刻を測定すると係の役人

がここで太鼓をたたきそれを聞いた別の役人が東のアザナと西のアザナおよび右掖門で同時に

大鐘を打ちならし、城内および城外に時刻を知らせた。

昨年は修復中のため姿を見る事が出来なかったのですが今回はその姿を夕日に浮かび上がらせ

ていた。

2 件のコメント:

寅さん さんのコメント...

良い赤ですね・・・。(白い月とのバランスが素敵。)
この赤はベンガラですよね?

本土の社寺は風化していわゆる水墨画風な情景ですが薬師寺始め壮健時の色は正に中国色(派手?)ですよね。

日本人の色彩感覚=日本の色も見直したいですね。
これからもお願いしますよハルさん。(*^_^*)

大工のハル さんのコメント...

寅さん、琉球の赤は紅です。この紅でないと、空の色、海の色に映えないのであります。見直したい事だらけのJapanです。

ブログ アーカイブ