ページビューの合計

2010年1月13日水曜日

アスムイ

送信者 2010


足下に広がる世界、琉球って美しい。ようやくここに来る事が出来た。

耳を澄ませば風に乗ってミセセルが聞こえて来そう、いや耳からではない頭の中に

聞こえていたのかもしれない。ここを言葉で説明する事は出来ない。

登った者しか感じ得ないものがある。

頂上の下には小さな洞穴があってクガニガマと称し、祠(ほこら)があります。一方のアフリ

嶽は、琉球最高神である君真物(きんまむん)が出現した聖地とされてます。この二つの御嶽

を総称して安須森(アスムイ)と呼んでいます。琉球の最高聖地と言われているのが目の前に

立って初めて判った。僕らは祠の奥から聞こえる音を聞いたのである。

写真奥に見えるのが辺戸岬です。眼下に与論島、伊平屋島、伊是名島まで見渡せる

ここに登る道は足場も悪く険しい。そして両手さえ使わない

と登れない道である。もちろんハブもいる、途中会ったオバァ74歳。このオバーが言うには

82歳と83歳のオバァが登ってたさぁ。!?じゃオバァはネーネかっ?!もう少しネ!

息を切らし少し休んでいる僕らをよそにオバァはスーッと下って行った。

2 件のコメント:

choji さんのコメント...

いい時間に登ったね

いい空気吸ったね

いい年になるね

大工のハル さんのコメント...

chojiさんのおかげです。旧暦の新年ではないですが、年明け早々ここに登らせて頂き本当に感謝してます。いい年になりますように。ここは撮るの難しいですね。

ブログ アーカイブ